北摂
   西谷の森公園口BS-公園管理棟-大岩岳東登山口-東大岩岳-大岩岳-南東支尾根-谷出合-点名大岩-千刈橋-JR道場
日 時 ;2016-07-19 10:40-17:00   9.9km 1.6km/hr

 JR武田尾で降り、阪急バスで西谷の森公園口へ。日差しの強い舗装道路を歩いて公園管理棟で準備する。
鏡野大池の脇を抜け丸山湿原入口で休憩。自然観察の子達が賑やか。
 標識のない東登山口から東大岩岳へ。途中二ケ所展望箇所があり南方向が開ける。
手前ピークでお昼とし東大岩岳へ。北・東の展望が開ける。
 急坂を降りピークを捲き登り返して大岩岳へ。
千苅ダムと山々の展望が素晴らしい。
 南東尾根を降り、一般道から外れ軽い藪漕ぎで降り谷道に出会う。
少し下った所で先程の一般道を見上げると段差のある花崗岩の滑り易そうな斜面。
 ややこしい地形の登り点、曲がり個所から登り返し、ピークP1,P2を越え、P3は捲き、 一旦鞍部へ降り、点名大岩を往復する。沢沿いの道は倒木あり荒れている。
 千刈ダムで一服し、波豆川沿いに帰る。
2.5km程の長い舗装道路歩きも、陽が傾き西側の山陰となり助かった。
 滑り易い斜面を避け軽い藪漕ぎでジグザグに降る、 遅いスタートとし山陰で西日を避ける、など世話役の方の下見の結果が良く反映された山行でした。 感謝。

 膝に不安を抱える同行者のお陰で降りはゆっくり、助かりました。
しかし急斜面や段差の大きい降りがあり膝の負担が大きかったのか 膝治療と併せて水抜きをする羽目に。
医者はどんどん膝を使えというが、一般コースは当分無理そう。
膝に優しい土の山をマイペースで歩き、何とか紅葉シーズンに間に合せたい。