南山城
   JR棚倉ー涌出宮-十輪寺山-神童子-天神社-鳶ケ城址-恭仁神社-恭仁京跡-JR加茂
日 時 ;2016-12-20 09:50-15:20   10.7km,1.9km/hr
  

 駅直ぐの涌出宮は深い鎮守の森。
祭神は飛来し一夜で森が湧き出したと云う。 広い境内の角に伊賀街道の道標。
 十輪寺に立ち寄り、車道を避け竹林・茶畑・田畑沿いの土の道を行く。 車道に出会い、山城森林公園を左に分け神童子に向かう。
 小さな寺だが、往時大和の吉野山に対して北吉野山と号し、 付近の山一帯に二十六坊のお堂が存在したという。
その裏山は戦国時代には鳶ヶ城が築かれ、伊賀街道を掌握する要地だったようだ。
 天神社で桜峠・尾根組と分かれ20人はハイキング道を採る。
少し引き返し、伊賀街道の道標から東に入る。 竹林の坂を上り、神童子-海住山寺ハイキング道に出会う。
緩やかな古の雰囲気のある歩き易い道。海住山寺への参詣道だったのだろうか。
 尾根で桜峠組と合流し昼食。
鳶ケ城跡からは加茂町の展望。
 海住山寺への尾根道と分かれ、恭仁神社へ下りお茶する。 元は天満宮であったらしい。
長い参道の正面に舞殿とその左右に仮屋(能を相伴して鑑賞するため)が有り、その奥に割拝殿と本殿を配す。 南山城地域特有の社殿配置だという。
 恭仁宮跡で都の変遷などOさんの歴史の解説あり。 例幣使料境目傍示石、恭仁小学校柵内の瓶原村道路元標の説明も。
 恭仁大橋を渡り加茂駅で解散。
恭仁京大橋北詰・南詰に歌碑あり、万葉集・新古今和歌集の時代から詠まれた地であるようだ。