更に古い記録は下記を参照ください。
2015 RECORD
2014 RECORD
2013 RECORD
2012 RECORD
2011 RECORD
2010 RECORD
2009 RECORD
2008 RECORD
2007 RECORD
2006 RECORD

2016-12月 
 
 
12-29
 
っ南山城
当尾石仏
加茂山の家-西小石仏群-奥の院-浄瑠璃寺-唐臼の壺二尊
-岩船寺-弥勒の辻-あたご灯籠-大門仏谷磨崖仏-加茂山の家
当尾石仏の里ウオーキングに出かける。加茂山の家近くの広場に停め、西小から浄瑠璃寺に向う。途中奥の院に立ち寄る。
山道を往き唐臼の壺で街道に出る。岩船寺から弥勒の辻に出、あたご灯籠から、大門仏谷磨崖仏を経て加茂山の家に帰る。
個人
 
12-25
 
醍醐23
 
桜の馬場-牛尾観音-音羽山-千頭岳
-メガソーラー発電所-高塚山分岐-桜の馬場
桜の馬場に停め、牛尾観音から音羽山へ。青空の下、西山・北山・東山:比良山の展望。尾根道を行き千頭岳へ。
ゴルフ場跡はメガソーラー発電所建設中であった。高塚山には寄らず、桜の馬場へと周回する。前回の85%の速度であった。
個人
 
12-20
 
南山城
 
JR棚倉ー涌出宮-十輪寺山-神童子-天神社
-鳶ケ城址-恭仁神社-恭仁京跡-JR加茂
駅前、深い森の涌出宮から伊賀街道を辿り神童子へ。天神社で桜峠・尾根組と分かれ20人はハイキング道を採る。尾根で合流し昼食。
鳶ケ城跡からは加茂町の展望。恭仁神社へ下りお茶し、恭仁宮跡で歴史の解説あり、恭仁大橋を渡り加茂駅に着く。
新ハイ
50人
12-18
 
湖北44
 
ベルクスキー場入口-音波山-栃の木峠
 
初雪は充分ではなく元気な笹が出ていた。下り斜面は滑り易く手間取る。音波山でお昼となる。
終日天気に恵まれ風も無く、展望もまずまず、初のスノーハイクを楽しむ。
グループ
2人
12-09
 
奈良大和
龍王山
JR柳本-崇神天皇陵-(崇神コース)-龍王山-笠そば処
-笠山荒神-初瀬山-近鉄長谷寺
崇神天皇陵前で衣服調整。横穴式古墳群から崇神コースを登る。途中不動明王石像に立ち寄り山頂へ。金剛・葛城山は霞む。
歩きやすい山仕事道から車道に出ると笠そば処の標識。笠山荒神社に参り、車道から山道に入り初瀬山を越え長谷寺駅に向かう。
新ハイ
31人
12-05
 
市街地
 
府立植物園-下鴨神社-京都御苑
 
市街地の紅葉を求めて植物園の半木の森周辺へ。池の周りはカメラを構えた人だかり。川沿いに下り下鴨神社へ。ここもカメラさんが多い。
出町を抜けて御苑へ。母と子の森の大銀杏の枝が切られていた。黄色に敷き詰められた地に紅葉が映えるのだが。
個人
 
12-02
 
東山41
 
JR山科-毘沙門天-山科聖天-(御陵尾根)-大文字山
-(北斜面)-法然院-南禅寺-地鉄蹴上
毘沙門天・山科聖天の紅葉を見、御陵尾根に取付き大文字山へ。平日でも人が多い。早々に北斜面に降る。
幻の滝上台地で紅葉を眺め中尾滝・中尾城址から降る。法然を訪ね南禅寺に立ち寄る。紅葉は終わりに。
個人
 
2016-11月 
 
 
11-29
 
西山30
 
善峯寺BS-善峯寺-登山口-京青の森-展望台-柳谷観音
-立石橋-光明寺-五辻-阪急西向日
西山三山の紅葉を訪ねる。祈りと信仰の道西山古道は適所に標識があり安心して歩ける。善峯寺は境内が広く市街地の展望が得られる。
柳谷観音は静かに落ち着いた雰囲気。光明寺は団体さんが多く紅葉よりは人に酔う。時雨て来、予定の寺社をパスした。
個人
 
11-25
 
愛宕山11
 
栂ノ尾BS-高山寺-清滝-六丁峠-小倉山
-嵐山-JR嵯峨嵐山
三尾の紅葉を訪ねて。高山寺の紅葉は先週が盛りだったようだ。西明寺・神護寺はパスし、清滝から落合橋まで川沿いに歩く。
六丁峠からは山道を採り小倉山へ。亀山公園・嵐山は人が多く、天龍寺の中を抜けJR駅に向かう。
個人
 
11-18
 
花背42
 
ヒノコ-皆子谷-府県境尾根-皆子山-西尾根-南尾根
-ヒノコ
皆子谷口から府県境尾根に取付き西・南尾根と周回する。この時期稜線は葉を落とし展望が利き谷間の黄葉が残る。
P819から南斜面の黄色を主とした彩りの中、午後の暖かい陽光を浴び膝に優しい土の尾根を落葉を踏みしめ降る。
個人
 
11-12
 
マキノ24
 
田屋城址登山口-田屋城址-原山峠-イモジャ谷
-百瀬川源流-展望コース出合-石庭
百瀬川源流のカエデの紅葉・ブナの黄葉を撮りに出かける。少し遅かったようで、ブナはすでに散り始め
褐色に変わりつつあった。青空の下、カエデ類の黄葉が清流に映り楽しい遡行であった。
個人
 
11-07
   -08
芦生西11
 
美山かやぶきの里、トロッコ道
下谷(トチノキ平・大桂)、野田畑
1日目;美山かやぶきの里散策、トロッコ道散策。トロッコ道散策。夕食後玉井氏のギター伴奏でみんなで歌うミニコンサート
二日目;下谷の、トチノキ平・桂保存木の観察、野田畑へ、渡辺先生の解説付きの観察会
グループ
22人
11-05
 
花背41
 
二の谷管理舎-フノ坂-P927-峰床山-オグロ坂峠-八丁平
-クラガリ谷-俵坂峠-二の谷管理舎
キリリと冷えた秋空の下、紅葉を探りに。フノ坂から尾根伝いに展望所へ。比良・北山は青く霞む。紅葉の尾根を往き山頂に。
オグロ坂峠への尾根も明るい黄葉、谷側は紅葉。八丁平を周回しクラガリ谷を登り返し、俵坂峠・二の谷尾根から管理舎に降る。
個人
 
11-02
 
湖北43
 
金居原BS-東尾根先端-(東尾根)-東峰手前岩峰
-(金居原コース)-金居原BS
金居原登山口を過ぎ東尾根先端から取付く。残雪期気が付かなかったブッシュが酷い。登山道の有り難さを体感。
何処までも続くブナ林、黄葉が青空に映える。池の周りの紅葉には少し早かったようだ。金居原登山口に降る。
個人
 
2016-10月 
 
 
10-29
 
雲畑33
 
桟敷岳山周辺
 
雲ケ畑人と自然の会10月例会桟敷岳周辺の観察会に参加する。谷間や尾根の植生について講師の説明。
北山は冷温帯のミズナラなど落葉広葉樹や暖温帯のカシ類の照葉樹が見られる。紅葉はまだ少し先のようだ。
グループ
15人
10-26
 
比良83
 
打見山-蓬莱山-森山岳-長池-(鉄塔巡視路)
-打見山
紅葉の落葉を踏み北尾根を降る。ガスが懸り見通しが利かずピークと樹木との見極めが難しい。
先日来の雨で低地に沼が出来ている。長池でお昼とし、帰りは鉄塔巡視路を辿り谷間の色付きを確認する。
個人
 
10-23
 
花背40
 
二ノ谷舎-京女の森(二ノ谷尾根)-ナメラ尾根-林道
-二ノ谷舎
二ノ谷舎から京女グループ自然観察会に参加。植林の間伐・炭焼き窯・植生などT教授の解説を拝聴しながらの観察会。
大赤松の倒木の枝をスライスし観察、大王杉や草木など手で触れ匂いを嗅ぐなど五感で自然に接する楽しみを教わる。楽しい一日でした。
グループ
20人
10-22
 
丹波
府民の森
府民の森会場-自然観察路-かやぶきの民家
-府民の森会場
府民の森ひよし森づくりイベントの自然観察会に参加。森林インストラクターに世話役の方二人が付き森の観察路を案内していただく。
視聴触味嗅の五感で観察してほしい、とのこと。かやぶき民家でかまど炊きのおにぎり・豚汁の接待。幼児から大人まで楽しい一日を過ごす。
個人
 
10-19
 
竹内街道2
 
近鉄上ノ太子-緑の一里塚-六枚橋-孝徳天皇陵参道口
-竹内峠-竹内集落-長尾神社-近鉄磐城
竹内街道の標柱が適所に、真新しい幟が続く。緑の一里塚に街道の説明板・飛鳥の里案内図。街道沿いにプランターに花。六枚橋・孝徳天皇陵
を経て上り続け峠に出る。奈良県側の広場で昼食。雰囲気の出た竹内集落を通り長尾神社に参拝。磐城駅で解散。わが国最古の国道を歩く。
新ハイ
24人
10-14
 
奈良
矢田丘陵
近鉄東生駒-阪奈道路-矢田丘陵遊歩道-椚峠-榁木峠
-矢田山展望台-国見展望台-松尾山-藤ノ木古墳-JR法隆寺
阪奈道路を潜り住宅街を抜けると突然田園風景。坂を上り矢田丘陵遊歩道に入る。ムノ峰上池で小休止。展望橋から生駒市街地を見る。
住宅街から近く雑木林の心地好い散策路。標識完備、青垣の山々の展望と楽しく歩く。松尾山から降り藤ノ木古墳で一旦解散、JR駅に向かう。
新ハイ
27人
10-11
 
城丹2
 
細野口BS-滝又の滝-余野-東俣山
-茶呑峠-(稲荷谷川)-周山BS
以前滝又の滝から半国高山に回ったが今回は余野から東俣山・茶呑峠と京北トレイルを歩く。西ノ谷川沿いは車道が多いので東俣山の南尾根を登る。
茶呑峠まで降ると天童山は高く、直ぐ稲荷谷林道を降るのも物足りなく、鳴ノ堂跡を回って降りることに。車道・林道と堅い道に疲れた。
個人
 
10-07
 
西山29
 
宮川神社前駐車-赤熊BS-登山口-音羽の滝-烏帽子岳分岐
-るり渓分岐1-半国山-るり渓分岐2-宮川-駐車地
台風一過、青空が広がる。丹波の國半分は見えるという展望の山に向かう。赤熊から谷沿いに樹林の道を行き、音羽の滝群を左に見る。
山頂からは北・東・南三方の展望。好天で遠くの山々が青く霞む。宮川への道も歩き易く、るり渓への往来が盛んだったのでしょう。
個人
 
10-04
 
奈良大和
竹之内山
天理駅-石上神宮-竹之内山-竹之内峠-(山野辺の道)
-衾田陵-崇神天皇陵-JR柳本岳
石上神宮で一服。内馬場地区を抜け尾根に取り付く。高温多湿風無く大汗で息があがり山頂まで。笹枯れの京都北山と違い背を越す笹が健在。
登山道は良く整備されていた。竹之内峠で皆と別れ、山野辺の道を歩き崇神天皇陵上の万葉歌碑の休憩所で崇神コースを降りて来た皆と合流する。
新ハイ
33人
2016-09月 
 
 
09-30
 
西山28
 
堅船神社脇駐車-中畑回転場-登山口-明神ケ岳-堅田トンネル上
-黒柄岳-勝手坂-駐車地
丹波パノラマ道に惹かれて亀岡から樫田へ曲る。中畑回転場から万寿峠に向い峠手前で山道に入る。確りしたハイキングコースだが両側常緑樹林で
展望がなく、鉄塔部でポンポン山や愛宕山を見るのみ。両山とも道脇の雑木林の中。久し振りに田園風景の中のんびりと歩いた。
個人
 
09-27
 
比叡13
 
還来神社前BS-宮メズラ山-魚の子山-小出石越
-伊香立峠-大尾山-大原BS
先日霊仙山から還来神社に降りたので引き続き比叡北部の山に登り返す。確たる登路はないようなので尾根を登り宮メズラへ。魚の子山は直ぐ。
伊香立峠は大きく切れ込む。ライオンズクラブの標識が適所に設置されている。仰木峠までは時間的に無理なので、大尾山から大原へ尾根を降る。
個人
 
09-24
 
花背39
 
桑谷-登山口-P813-東峰山-桑谷山西峰-P804
-長戸谷口
桑谷から林道を往き尾根に取り付く。最初の鉄塔で南面皆子山から湯槽山迄の展望。植林の多い山だが尾根筋は雑木林に
芦生杉が点在する。西峰で長い昼食。西尾根を降る。雑木林の尾根は展望が利かず度々方向を確認する。最後は植林中を急降下。
グループ
5人
09-21
 
竹内街道1
 
近鉄藤井寺-辛國神社-野中寺-峯ノ松古墳-白鳥陵古墳
-臥龍橋-であいの道公園-近鉄駒ケ谷
駅南口から直ぐ公園の先に辛國神社。アイセルシュラホールで古墳遺品見学。仲哀天皇陵から野中寺へ。交差点の先住宅街に道標あり竹内街道の曲角。
峯松古墳併設の公園でお昼。白鳥陵沿いのトレイル道を進み白鳥神社を参り、臥龍橋を渡りであいの道公園で小休止、天気悪く駒ケ谷駅までとする。
新ハイ
23人
09-16
 
西山27
 
JR亀岡-福性寺登山口-金毘羅神社-牛松山-愛宕神社
-国分BS
駅の展望デッキから牛松山が正面に、左遠く三郎ケ岳、右肩に愛宕山。北口から出て山を正面に見て保津橋を渡る。
福性寺駐車場で準備し参詣道を登る。途中樹間から展望あり。金毘羅神社にて昼食。山頂・三角点を経て愛宕神社に降る。
新ハイ
26人
09-11
 
比良82
 
打見山-蓬莱山-小女郎池-ホッケ山-権現山
-霊仙山-還来神社
蓬莱山まではガスが流れていたが次第に晴れ間がのぞく。P1101mから湖面を見ながら小女郎池に降る。ホッケ山でお昼。
権現山からの激降りは膝に厳しい。霊仙山南尾根を降るが還来神社までずっと植林地であった。
個人
 
09-09
 
京北
黒尾山
下弓削BS-合併記念の森-笹原峠出入り口-黒尾山
-周山城址-周山BS
京北トレイルの合併記念の森が昨年開通したので訪ねた。一部自然林の峠道があったが大部分は交差する林道歩きで植林の多い里山であった。
田園地帯を抜け山に入るがほとんどが植林で、黒尾山から城山にかけての尾根道は常緑樹が多く展望が得られなかった。
個人
 
09-02
 
醍醐22
 
方丈石-(牛馬の道)-ユウレイ峠-杉谷コル
-醍醐寺駐車場-上炭山-供水峠-方丈石
谷筋からユウレイ峠に出ようと思ったが道がはっきりしないので池手前の尾根道を登る。杉谷を詰め醍醐寺駐車場経由し車道を降る。
硬い道で膝が疲れ回峰道巡りは断念。炭山集落から谷道を採り供水峠を越え地蔵堂・方丈石に立ち寄り駐車地に戻る。
個人
 
2016-08月 
 
 
08-31
 
西山26
 
西山51登山口-松尾山-嵐山-松尾谷林道横断-踏掛山
-丁塚-苔寺
苔寺の奥西山51登山口からスタート。松尾山・嵐山と縦走。途中嵐山市街地・比叡山の展望あり。トレイル33から先もハイキングコースは続く。
P407から尾根を進み林道を横切り更に尾根を往き唐櫃越に出合う。沓掛山に立寄り丁塚から谷に降り苔寺の奥に戻る。
個人
 
08-24
 
花背38
 
尾根取付-(二ノ谷尾根)-ナメラ尾根-チセロ山-チセロ峠
-尾越
荒谷の先、二の谷手前から尾根に取付く。東の二ノ谷はヒノキの植林、西の荒谷は京女の森の自然林。一旦林道に出会う。
木漏れ日のナメラ尾根は涼風あり。アシュウスギ・ブナ・モミの大樹を見上げながら歩く。チセロ山でお昼。尾根を降り、チセロ峠から尾越に出る。
個人
 
08-13
 
比良81
 
打見山-蓬莱山-森山岳-長池-オトワ池
-(北西尾根)-坊村
山頂は19℃、夏休みで家族連れで賑やか。湖からガスが懸るが蓬莱北尾根は日が当たり見通しが利く。長池でお昼とし
オトワ池から北西尾根を坊村に向けて降る。植林が多く暗いがエスケープルートとして使えるかも。
個人
 
08-09
 
東山40
 
白川中尾滝入口-中尾滝-(山仕事道)-大文字山
-幻の滝-中尾滝-白川
暑さを避け大文字山北斜面の谷筋を登る。中尾滝の先で以前降った山仕事道を逆に登る。熊山分岐の先で降っていくようなので、
上の広い道に出、山頂下で谷を詰め直接山頂に出る。北斜面道は整備され過ぎ段々は膝痛には辛い降りだった。
個人
 
08-04
 
滋賀湖東
雪野山
川守BS-駐車場-天神社登山口-P277峰-雪野山-天神社
-川守BS
JR近江八幡からバスで川守へ。天神社参道から稜線に出、縦走でP277を経て雪野山へ。暑いので随時小休止を取り昼食も1時間とゆっくり。
山頂はは古墳跡でもある。元気組は野寺城址に向かい、軟弱組は鞍部から天神社に降り日陰で皆を待つ。暑い一日でした。
新ハイ
26人
2016-07月 
 
 
07-30
 
東山39
 
地鉄御陵-永興寺-七福思案処-大文字山
-雨社-毘沙門天-JR山科
永興寺脇の谷道を行き、七福思案処から一周トレイルに入る。長い尾根は傾斜が緩やか。登り・水平道の繰り返し。
良いハイキングコース。山頂からは市街地・西山がくっきり。下りは踏み固められてない山道を雨社から毘沙門天の裏に出る。
個人
 
07-27
 
東高野道3
 
JR野崎-野崎観音-堂山古墳-石切劔箭神社-藤地蔵
-近鉄瓢箪山
3月の再行、野崎駅から瓢箪山駅まで。駅前の川を渡り参道を直進し野崎観音へ。飯盛山麓の小高い堂山に古墳群、墳丘からは大阪平野の展望。
浜公園で昼食後、車の往来を避け裏道を一時間ほどで石切さんへ。近くの藤地蔵から近鉄駅まで一番暑い時間に歩く。
新ハイ
23人
07-19
 
北摂
大岩岳
西谷の森公園前BS-公園管理棟-大岩岳東登山口-東大岩岳
-大岩岳-南東支尾根-谷出合-点名大岩-千刈橋-JR道場
公園管理棟で準備し、鏡野大池の脇を抜け丸山湿原入口で休憩。東登山口から東大岩岳へ。途中二ケ所展望点。手前ピークでお昼とし東大岩岳へ。
北・東の展望。急坂を降り登り返して大岩岳へ。千苅ダムと山々の展望が素晴らしい。一旦降り点名大岩を往復。千刈ダムから波豆川沿いに帰る。
新ハイ
38人
07-15
 
北摂
鉢伏山
豊川駅-西国街道-郡山宿本陣-川端康成旧跡-鉢伏山
自然歩道-紫金山古墳-岩坂集落-鉢伏山-彩都西駅
旧西国街道を往き郡山宿本陣で一服。川端康成旧跡を訪ね紫金山古墳に立ち寄る。ゴルフ場に接した高所でお昼とする。三角点は撤収?、物流センター
と公園の造成工事中。岩阪への小道森の小鳥の声に癒される。鉢伏山は東南面の展望が開ける。地図の田畑は密集した住宅地に代わっていた。
新ハイ
22人
07-10
 
比良80
 
打見山-比良岳-西尾根ピーク-白滝谷道
-汁谷-打見山
暑さを避けロープウェイで山頂へ。琵琶湖から霧が上がってくるが山頂は晴れ。樹林の縦走路を行き比良岳へ。
西尾根のピークからブナ林の南尾根を降り白滝谷道に出会う。日曜、山頂では若い人達の賑やかな声。
個人
 
07-07
 
滋賀湖東
佐和山
JR彦根-龍譚寺-峠-弁天山-物生山-かもう坂往還
-佐和山-千貫井-太鼓丸-JR彦根
梅雨の合間の強い日差し、樹林の山なので助かるが風がなく弁天山で既に汗。物生山から一旦下り、かもう坂往還で登り返す。
佐和山城址への尾根筋は木が疎らで大汗。長いお昼で一息つく。展望を楽しみ千貫井・太鼓丸に立ち寄る。
新ハイ
32人
07-01
 
西山25
 
JR馬堀-如意寺-みすぎ山-西山分岐-踏掛山
-野鳥遊園分岐-丁塚-阪急上桂
梅雨の合間に好天気、光秀別動隊の唐櫃越を歩く。登山口からは標識あり地図要らず。踏掛山手前の桂坂野鳥園地の標識が紛らわしい。
膝リハビリ歩行には下りのコンクリートの急斜面がきつかった。丁塚から西芳寺に降りればよかった。
個人
 
2016-06月 
 
 
06-26
 
西美濃
関ヶ原
登山口-松尾山小早川秀秋陣跡-不破関跡-宇喜多秀家陣跡
-小西行長陣跡-開戦地-笹尾山石田三成陣跡
梅雨の中休み好天に恵まれ松尾山から天下分け目の古戦場を展望。西軍・東軍の戦況を高見し秀秋の決断は。不破の関資料館前の公園でお昼。
山際布陣の西軍の陣跡を訪ねる。三成布陣の笹尾山中腹からは平地布陣の東軍の動きは一目。布陣優位か根回し調略か。
新ハイ
33人
06-18
 
花背37
 
花背峠-天狗杉-旧花背峠-寺山-一の谷峠?
-別所-(OLライン)-花背峠
峠からタートし芹生・別所間の尾根を往き別所から峠に戻るループを試みる。前半は花背山の家のハイキングコースになっているのか
良く整備された自然林。寺山直ぐ北の峠破線路は植林と林道で消滅、最後に電柵に阻まれる。OLラインは植林の中の林道歩きで趣なし。
個人
 
06-15
 
市街地
京女の森
太閤坦-阿弥陀ヶ峰-京女の森・東山トレイル
-谷道彷徨-京女の森-太閤坦
膝・足の治療と北に向かいついでに京女鳥部の森に立ち寄る。地図を待たずに来たので確りした道を登ると山頂の豊国廟に出た。
道を降ると京女の森標識に出会い東山トレイル12からトレイル11に向かい手前の京女の森標識で引き返し谷道を探索する。
個人
 
06-11
 
天ケ瀬
森林公園2
森林公園入口-馬の背展望台-野鳥観察小屋-P369
仙郷山林道-槇尾山展望台-森林公園入口
天ケ瀬森林公園の残りの遊歩道を歩く。冒険の道・落葉の道・ツバキの道と往きP369に立ち寄る。仙郷山林道出合を確認し
眺望の道・モミジの道から槇尾林道に降り、せせらぎの森を往復する。馬の背・槇尾展望台からの展望は青く霞む。
個人
 
06-08
 
東高野道6
 
近鉄富田林-寺内町-石川沿い土手-滝谷不動尊-西野々古墳
-腰神神社-七つ辻-河内長野駅
近鉄富田林から河内長野まで最後の区間。宗教自治自衛都市・寺内町を散策。車の多い街道を避け石川沿いの土手を行く。春日神社でお昼とし
滝谷不動尊に参る。晴眼守の効能の程は。腰神神社の狛犬の膝を撫でる。金毘羅神社で一服、東西高野街道合流の七つ辻で解散。
新ハイ
26人
06-03
 
天ケ瀬
森林公園
森林公園入口-大屋根休憩所-野鳥観察小屋
-槇尾山展望台-森林公園入口
爽やかな青空の初夏、天ケ瀬森林公園でリハビリウオーク。槇尾山林道を自由広場・大屋根休憩所と往き、こもれびの道に入る。
冒険の道に出会い野鳥観察小屋、落葉の道から眺望の道に入り槇尾山展望台で西の展望。ツバキ・ツツジの道と歩く。
個人
 
2016-05月 
 
 
05-22
 
南山城
 
郷之口-犬打峠-鷲峰山-海住山寺
-恭仁宮跡-神童子-三上山-玉水
五月の爽やかな風を切って南山城を一回り。犬打峠から鷲峰山を往復し、木津川沿いに走り海住山寺に参る。
恭仁宮跡は雑草の中。神童子・森林公園から林道を走り三上山へ。360度の展望だが好天気に青く霞む。
個人
 
05-18
 
東高野道5
 
近鉄安堂-大和川-国府八幡神社-道明寺天満宮-古室山古墳
-誉田八幡宮-蓑の辻-高屋城址-近鉄喜志
今回は近鉄安堂から。大和川を渡り国府遺跡・允恭天皇陵・国府八幡神社と訪ねる。道明寺・道明寺天満宮はいづれも道真ゆかりの地。
古室山古墳上で展望を楽しみ昼食。誉田八幡宮に参り竹ノ内街道と蓑の辻で交差し安閑天皇陵・高尾神社と訪ねる。
新ハイ
28人
05-15
 
花背36
 
荒谷入口-京女の森-ナメラ尾根-チセロ山-チセロ峠?
-Ca800-前坂峠-尾越-荒谷入口
京女の森は意外に植林が多く山の斜面は自然林。谷の詰めには踏み跡なく急斜面を攀じナメラ尾根に出る。
チセロ山まではブナの混成林、台杉も点在。心地よい風に吹かれ木漏れ日の尾根を行く。チセロ峠から尾越に降るつもりが・・
個人
 
05-12
 
花背35
 
二の谷管理舎-フノ坂-八丁平-オグロ坂峠-峰床山
-俵坂峠-二の谷管理舎
みどりのやわらかな風の中、湿原を往く。先日来の雨で自由に流れる小川に木々の緑を映す。
冷たい水を頂き、峠の地蔵から尾根伝いに山頂へ。二の谷と京女の森間の尾根から管理舎に降る。
個人
 
2016-04月 
 
 
04-27
 
東高野道4
 
近鉄瓢箪山-瓢箪山稲荷神社-心合地山古墳-愛宕塚古墳
-権現社-岩戸神社-恩智神社-近鉄恩智
東高野街道4回目は瓢箪山から恩智まで。辻占いの瓢箪稲荷社を往復し、バスで心合寺山古墳へ。前方後円墳、この地の天皇の墓?
愛宕塚・権現社と見当しの利かない住宅地の迷路を辿る。磐座をご神体とする岩戸神社、兎竜門の恩智神社を訪ねる。
新ハイ
31人
04-15
 
東山38
 
北白川仕伏町BS-日天寺-中尾城址-幻の滝
-大文字山-(尾根道)-JR山科
北白川側から尾根に取付き中尾城址へ。幻の滝上の高みでお昼とする。青葉若葉が茂る。捲道を行き山頂へ。
雨社手前の尾根を降り谷道に出る。山仕事道は捲道は緩やかに一定の傾斜、狭い尾根も緩くカーブを繰り返し歩き易い。
個人
 
2016-03月 
 
 
03-10
 
伊吹山地23
 
観音寺前登山口-峠地蔵-鳥羽上城跡(往復)-横山-観音寺前
伊吹野散策
観音寺前から峠の地蔵へ。鳥羽上城跡310mを往復し横山城址へ縦走する。東屋手前から降り、観音寺前広場で昼食。
伊吹野に移動し長尾寺・セツブンソウ自生地へ。暖冬で花は2月末だったとのこと。
>新ハイ
12人
03-05
 
市街地
 
京都御苑-蘆山寺-市五郎大明神
 
春の陽気に誘われて昼から出掛ける。御苑の拾翠亭が公開中、九条家の茶室にて一休み。出水の小川は子供達の天国。
梅園はカメラを手に人出。蘆山寺の御土居を訪ねる。北野中の御土居はプールの観覧席として残る。市五郎大明神の御土居を巡る。
個人
 
2016-02月 
 
 
02-24
 
東高野道2
 
京阪交野市-札之辻橋-本尊掛松-弘法井戸-打上古墳
-和田賢秀墓-JR四条畷
東高野街道2回目は交野市から四条畷まで。山根街道残りの札之辻橋・砂子橋を廻り本尊掛松の先から東高野街道に合流する。
道路や宅地開発で判り難い所もあるが旧道も残っており一里塚・弘法の井戸・打上古墳を訪ねる。
新ハイ
44人
02-18
 
醍醐21
 
JR宇治-橋姫神社-県神社-平等院-朝日山
-仏徳山-宇治上神社-塔ノ島-JR宇治
青空に誘われママチャリで。JR宇治駅に預け、観光客に混じり神社仏閣を散策。天瀬ダム手前の吊橋で折返し
興聖寺脇から朝日山・仏徳山に登る。宇治上神社からは遊歩道が繋がり市民の憩いの場となっている。
個人
 
02-16
 
大仏鉄道
 
JR奈良-大仏鉄道公園-鴻池運動公園-黒髪山トンネル跡
-梅美台公園-赤橋-観音寺橋台-JR加茂
明治時代短期間走っていた大仏鉄道の遺跡を巡る。黒髪山北斜面をループを描いて登っていた廃線跡を進む。
新興住宅地を抜けると懐かしい田園風景の中に橋台・隧道の遺構が所々残る。
新ハイ
54人
02-04
 
市街地
 
京都御苑-府立植物園-北野天満宮
 
早咲きの梅が咲き、セツブンソウが咲きだしたという。青空に誘われ京都御苑へ。早いのは年末から咲いていると常連さん。
植物園の梅はまだまだ、セツブンソウは2輪のみ。天満宮は梅苑よりは境内の方が咲いていた。相変らずの人出。
個人
 
2016-01月 
 
 
01-31
 
市街地
 
五条坂BS-清水寺-妙法院-豊国神社-三十三間堂-智積院
-今熊野神社-今熊野BS
五条坂から人混みを避け音羽の滝・子安塔を経て豊国廟へ。500段近くの階段は無理なので方広寺・豊国神社に向う。
京都国立博物館・三十三間堂・智積院から今熊野神社に参り、裏の熊野古道を巡る。
個人
 
01-27
 
東高野道
 
京阪八幡市-一の鳥居-安居橋-松花堂公園-山根街道分岐
-王仁公園-JR藤坂
八幡市から東高野街道を往く。岩清水八幡宮一の鳥居から安居橋・泰勝寺・頼風塚・正法寺を経て松花堂昭乗公園でお昼。
山根街道分岐点で東高野街道と別れ長尾に向かい菅原神社・王仁公園からJR藤坂駅まで歩く。
新ハイ
49人
01-24
 
市街地
 
地鉄蹴上-青蓮院-知恩院-円山公園-高台寺-清水寺
-五条坂BS
蹴上から南へ、粟田神社の先に青蓮院。外に大楠が4本、境内に1本。樹齢800年とか。知恩院に入り大鐘楼から円山公園に降る。
八坂神社の門を出、ねねの路から高台寺。三年坂坂から清水道に出ると人人人。茶碗坂から退散退散。
個人
 
01-16
 
市街地
 
竜安寺前BS-竜安寺-等持院-北野天満宮-御土居巡り
-加茂御園橋BS
竜安寺石庭拝観。通路脇の庭園に配置された大岩が力強い。等持院から天満宮へ。紅梅の蕾が香しい。梅苑は21日から。
紙屋川沿いに平野から鷹峯まで御土居を訪ね、玄琢下から御園橋まで御土居を巡る。
個人
 
01-10
 
市街地
 
双ケ丘BS-一の丘-仁和寺-御室八十八ヶ所巡-仁和寺
-御室BS
双ケ丘から仁和寺へ。広い境内に御室の桜。花の季節には賑わうことでしょう。西門から出て御室八十八ヶ所を巡る。
裏山をぐるっと回り距離約3km。石段が結構あり、膝リハビリ中の身には辛い降りでした。
個人
 
01-03
 
市街地
 
野々宮BS-野宮-滝口寺-愛宕念仏寺-護国弁才天
-清涼寺-角倉BS
冬枯れの嵯峨野路を歩く。野宮付近は賑やか。去来の墓・竹林散策路辺りから静かに。滝口寺に寄り愛宕念仏寺まで行き
鳥居型火床下の護国弁才天から折り返し、清涼寺に入る。休日南進通行不可のため嵐山の先角倉BSまで歩く。
個人